蓄熱燃焼式排ガス浄化装置

人と地球にやさしい
VOCや悪臭を、高効率・低コストにて燃焼分解

有機系悪臭あるいは揮発性有機化合物(VOC: Volatile Organic Compounds)を高効率分解すると同時に高熱交換効率でランニングコストを大幅に低減することが可能。

蓄熱式熱交換原理

ガス通路を定期的に交互に切替えることにより、蓄熱材が吸熱、放熱を繰り返す。この時の出入口排ガスの温度差は+40〜50ºC程であります。

蓄熱式熱交換原理

コージェライト系ハニカムセラミックを採用しております。又、3種類のセルサイズを用意しております。

蓄熱燃焼酸化式排ガス除去装置(RTO)の構造

蓄熱燃焼酸化式排ガス除去装置(RTO)の構造


ハニカムタイプはサドルタイプと比較して圧力損失が少なく、ガスが均一に流れる。ダストの堆積が少ない等のメリットがあります。



動画アニメーション

2-bed type動作アニメーション、3-bed type動作アニメーションはこちら。
画像をクリックするとEXE形式のFlashファイルをダウンロードできます。

あらゆる有機性ガス成分に対して95〜99%の分解効率。
対象成分は燃焼室に達する前に既に熱容量の大きなハニカム状のセラミックス蓄熱材内部で予備分解。
820〜850ºCの燃焼室内温度制御で副生成物発生の抑制と高分解効率の維持。



    低ランニングコスト
  • ハニカムセラミックス蓄熱体によるコンパクトで高性能な熱効率92%以上
  • 自動定風量システムによる送風機のインバータ制御運転
    高分解効率と安定性
  • 成分物質に左右されないあらゆるVOCに対する分解効率95〜99%
  • VOC濃度のワイドレンジに対応(TOC換算 0〜10g/m3)
  • 入口排ガス温度に影響されない安定性
  • 瞬間高濃度への許容耐性
    ローメンテナンス
  • 高シ−ル性と作動が安定なポペット式切替ダンパの採用
  • シーケンサ制御とタッチバネルの組合せによるビジュアル監視

▲ページトップへ

製品お問い合わせ 各製品のお問い合わせはこちらのボタンをクリックしてください

製品インデックスに戻る
プリーツバグフィルター
乾式集塵装置
脱臭装置
ミスト・ヒューム除去装置
精溜及び分溜装置
重合・反応装置
実証テスト