ベラリアクローザー

再生機能付きベラリアクローザーの捕集・再生原理

自己再生機能をプラスすることにより、定期的なメンテナンスをなくし再生コストを減らす目的として開発されたベラリクローザーは、あらゆる臭気物質を高性能で捕集いたします。捕集させた臭気物質は定期的に再生する必要があるため、直接燃焼式脱臭装置<触媒燃焼式脱臭装置>にて温風を発生させベラリア脱臭剤に通過させます。温風がベラリア脱臭剤を通過することにより捕集されていた臭気物質が脱着されます。脱着された臭気物質は直接燃焼式脱臭装置<触媒燃焼式脱臭装置>により燃焼酸化分解され、無害化されます。

再生機能付きベラリアクローザーの捕集・再生原理

ベラリアクローザーの導入事例

1.オフセット印刷工場

循環方式を採用することにより工場内の溶剤臭気分を除去するとともに大幅な空調設備の省エネルギー化も実現。ベラリア脱臭装置の再生は、休転時に自動運転にてリフレッシュさせます。再生ガスは触媒脱臭装置を再生装置として利用することによりVOC(揮発性有機化合物)を酸化分解し大気へ放出致します。

1.オフセット印刷工場


2.エコセメント工場

貯蔵庫内の悪臭物質(アミン類メルカブタン、アルデヒド類)を脱臭致します。ベラリア脱臭装置の再生は定期的に実施し、温風発生装置にて脱着された濃縮臭気ガスは工場内の焼成炉へと送られ、1250℃の高温にて燃焼酸化分解し処理されます。

2.エコセメント工場


3.ホルマリン薫蒸処理

大学病院や医薬品・動物研究所等で細菌駆除を目的として行われるホルマリン薫蒸後の室内空気を効率よく、吸着、酸化分解し処理致します。常温下においても触媒効果を発揮いたしますが、定期的に、温風発生装置にて200℃の空気を触媒へ通過させることにより、活性化を行います。排ガスはH2O、CO2に分解され無害化されます。

3.ホルマリン薫蒸処理



あらゆる環境に対してもっとも適した脱臭剤を選定し組合せることで、もっとも経済的な脱臭システムをお作りいたします。

▲ページトップへ

製品お問い合わせ 各製品のお問い合わせはこちらのボタンをクリックしてください

製品インデックスに戻る
プリーツバグフィルター
乾式集塵装置
脱臭装置
ミスト・ヒューム除去装置
精溜及び分溜装置
重合・反応装置
実証テスト