ベラリア脱臭装置


ベラリアジュニア ベラリアジュニア
ベラリアジュニアは、小スペース内の空気清浄用として開発されたものです。喫煙所やペットショップ、料理店、オフィス、印刷機などに御使用頂いております。
ベラリアコメット ベラリアコメット
ベラリアコメットは、ベラリアジュニアに光媒体又は殺菌灯を組み込むことで、カビ、細菌、病原菌などの殺菌効果をプラスした商品です。医療機関や特別養護施設、食品加工工場、農作物鮮度維持などに御使用いただいております。
>>詳細
ベラリアエース ベラリアエース
ベラリアエースは、中大風量用として開発されたもので、おもに化学業界、食品製造業、飼料・肥料業界、一般製造業、印刷工場、廃棄物処理場、下水処理場、し尿処理場など幅広く御使用頂いております。
ベラリアスーパー ベラリアスーパー
ベラリアスーパーはプレコート式集塵装置やパイプフィルター等と組み合わせた装置であります。写真は前段のプレコート式集塵装置にてダスト・ミスト・ヒューム、ガム状物質などを除去いたします。当社のプレコート剤は脱臭性能を有しておりますので、大幅な臭気緩和も行えます。おもに鋳造工場、プラスティック工場などに御使用頂いております。
ベラリアクローザー ベラリアクローザー
ベラリアエースに再生機能を組み合わせた装置であります。定期的に再生を行うことにより、カートリッジの少量化、再生コストの低減化が行えます。再生時に発生します脱着臭気は、直接燃焼式脱臭装置<触媒燃焼式脱臭装置>により燃焼酸化分解され無害化致します。
>>詳細








ベラリア高性能脱臭装置

ベラリア®は、イタリア語で『きれいな空気』という意味であり、あらゆる臭気に対して対応できるよう開発された脱臭剤です。主原料は、粘土質の一種である通称「含水珪酸マグネシウム」(天然多孔質粘土)を主成分とし、対象臭気物質別に独自の配合を加えることにより、これまでにない吸着能力を実現致しました。


ベラリアの特徴

  1. ハニカム状に成型したカセット式になっているため、取り替え作業が簡単です。
  2. 通気性がよく低圧力損失なので、設備費、電気代が安く済みます。
  3. 表面積が広いため、吸着時に発生する反応熱も効率よく冷却できます。
  4. 孔質セラミックを主成分としているため、燃えにくく、火災に対し、高い安全性があります。
  5. 当社の工場にて再生し、繰り返し使用ができるため、廃棄物を出しません。
  6. しかも再生時の費用は新品と比較して、たいへん経済的です。
  7. 再生加工時に脱着された臭気物質は、1000ºCの高温にて完全に燃焼させますので、二次公害の心配がありません。

▲ページトップへ

ベラリアの脱臭イメージ

ベラリアの脱臭イメージ

(1)集塵ゾーン

プレフィルター、中性能フィルター、静電フィルター、HEPAフィルター等を組合せすることにより、最小3μmのダスト99.97%以上捕集出来ます。
花粉 ホコリ ダニ

(2)光触媒・UV(紫外線)ゾーン

光触媒(酸化チタン)は、光(紫外線)を照射することにより、活性酸素と水酸基ラジカルが発生します。この2つの物質は強力な酸化力をもっているため、臭いの分解・脱臭及び、雑菌、有害物質の分解・除去をします。また、UV(紫外線)ランプの波長を変えることにより、殺菌効果を高められるほか、オゾンを発生させることによって殺菌・脱臭能力が向上します。
悪臭(その他) アミン類 アルデヒド類 ウィルス カビ

(3)ベラリア脱臭ゾーン

平成8年に施行されました悪臭防止法による特定悪臭物質22物質はもちろん、有機溶剤、酸性ガス、イオウ化合物、アミン類、脂肪酸などあらゆるガスに対応できます。またアルデヒド類に対しては抜群の吸着能力があり、アセトアルデヒドでの試験では一般の活性炭と比較して10〜50倍の吸着容量があります。また、ホルムアルデヒドにおいては常温においても80%以上の分解効率を発揮する触媒もございます。
悪臭(その他) アミン類 VOC(揮発性有機化合物) アルデヒド類
天然多孔質セラミックを主成分とし、対象臭気物質別に独自の配合を施した脱臭剤を使用します。ハニカム形状に成型していますので、表面積比を広くとれるため、反応熱を効率よく冷却出来るほか、圧力損失も低く抑えられます。また、セラミック(天然多孔質粘土)が主成分であるため、火災に対する安全性にも優れております。
SEM観察ベラリア(黒)脱臭剤

▲ページトップへ

ベラリア脱臭システムの適用範囲

ベラリア脱臭システムの適用範囲

(1)下水・産廃業界:硫黄化合物・アミン類・アンモニア・アルデヒド
(2)畜産飼料業界:硫黄化合物・アミン類・アンモニアほか
(3)肥料業界:アンモニア・硫黄化合物
(4)食品製造業界:低級脂肪酸類・アミン類・アンモニアほか
(5)化学業界:有機溶剤・添加剤・アルデヒド類ほか
(6)印刷・接着剤製造:有機溶剤

▲ページトップへ

ベラリアの圧力特性比較

粒状活性炭の場合、処理ガスの部分閉塞や充填層内での速度分布が発生しやすく、圧力損失も高いことからベラリアにはハニカム構造を採用しております。ハニカムはその構造状、接触面積が大きいため、装置のコンパクト化がはかれるほか、圧力損失の低減、速度分布の均一化により均一に吸着できます。また、外気との接触面積も大きいことから、吸着熱の放散効果にも優れております。

 

圧力特性比較
圧力特性比較
ベラリアハニカムの外観 上から見たベラリアハニカム

▲ページトップへ

アセトアルデヒドの吸着性能

アセトアルデヒド類に対して抜群の吸着能力を有しており、従来の製品とは異なった特徴を発揮します。

 

アセトアルデヒドの吸着性能比較

アセトアルデヒドの吸着等温線

▲ページトップへ

ベラリア(化学吸着)と活性炭(物理吸着)の比較

ベラリア(化学吸着) 活性炭(物理吸着)
化学的吸着である。
化学的反応で捕捉される。
小さな分子も捕捉できる。(40Å以下でも可能)
化学的結合で離れない。
大きい分子も化学的に分解し吸着する。
物理的吸着である。
穴の壁面の摩擦で捕捉される。
小さな分子の物は捕捉できない。
摩擦のみで捕捉しているので離れやすい。
大きい分子はそのままである。
ベラリアの吸着模式図 活性炭の吸着模式図
ベラリアの吸着模式図
活性炭の吸着模式図
上の画像をクリックすると大きな画像が別窓で見られます。

ベラリアを使用したシステム例

中・低濃度臭気処理(ベラリアジュニア、ベラリアコメット、ベラリアエース)

ベラリアの単独処理

高温ガスの臭気処理

中濃度臭気処理(ベラリアスーパー)

ダスト・ヒュームを含む臭気処理

高温臭気処理

ミスト・ペーパー等を含む臭気処理

▲ページトップへ

製品お問い合わせ 各製品のお問い合わせはこちらのボタンをクリックしてください

製品インデックスに戻る
プリーツバグフィルター
乾式集塵装置
脱臭装置
ミスト・ヒューム除去装置
精溜及び分溜装置
重合・反応装置
実証テスト